HOME › スタッフブログ

スタッフブログ

全てはこの布との出会いから

2006年07月03日

29736a19-s.jpg うう。イングランドが負けました。悔しいけど、すさまじい試合はとても見応えが有りました。PK戦は見てる私もドキドキです。
 なぜ私はイギリスのことばかり書いてるの?と言われそうですが、始まりは一枚の生地からです。ウィリアムモリスという100年以上前のデザイナーが創った生地を初めて見たとき、その色使い、植物をモチーフにしているけど、美しく見えるように計算されたデザイン、動物と植物の組合せのセンスに一目ぼれしてしまいました。その瞬間モリスが愛したイングランドの土地をこの目で確かめたく、イギリス留学を決意したのです。話の続きはまたこの場で書きたいと思います。(優)


憧れのポーチ

2006年06月29日

bdba162f-s.jpg 気が付けばもう6月も終わりです。嬉しいことにイングランドがベスト8に残っている!ということは私の寝不足はまだ続きそうです。
 新しい店には待望のポーチが計画されています。そこはインテリアの空間というより専門外のエクステリアです。植物は好きだけど育てるのは苦手な私ですが、なんとか理想の空間にしたい。誰か教えてください。ロンドンで見た公園のベンチが憧れです。上手くいきますように・・・(優)


2ヶ月ぶりの再会

2006年06月24日

8a74d30a-s.jpg やっとイングランドより買い付けた荷物が着きました。2ヶ月船の旅を終えてきた荷物達。什器に使うガラスのワードロープやベンチ、キッズコーナーに置きたい木馬。梱包を解く度に旅の思い出も蘇ります。このブログで紹介していけたらと思います。(優)


セール!

2006年06月23日

ae74e39e-s.jpg 今日からセールが始まりました。リニューアル前の在庫一掃セールです。開店前から来て下さった方や全てのお客様に感謝、感謝です。すみません。店にすぐもどらなければ、続きは明日です。一言。夏らしいシャンデリアを飾ってます。見に来てください。(優)


とうとう壁が・・・

2006年06月20日

a707ae48-s.jpg 毎日ブログを書こうと思っていたのに 間があいてしましました。。。
お店のリニューアルは進み、とうとう壁が壊される日になりました。新しい店の床と繋げるためです。図面の上でしか想像できなかった事が現実になっていきます。もうすぐショッピング袋の打ち合わせが始まります。お昼をたくさん食べて頑張ってきます。(優)


イングランド戦

2006年06月11日

7d9a421c-s.jpg 連日の打ち合わせから少し体調を崩しましたが、今は元気復活です。なぜなら昨日のワールドカップのイングランド戦を見て彼らのプレーがかっこよく、ファイトをもらった気がするのです。見ている人々にあんなに感動、興奮を与えるのってすごいなあ、これからの試合も楽しみです。形は違いますが、私たちも皆様にインテリアで感激していただけるような存在でありますように。。。(優)


ブルーのテーブルコーディネート

2006年06月08日

311a865f-s.jpg 四国地方は梅雨入りした様です。恵みの雨ですがジメジメしますね。気分を替えてテーブルコーディネートを爽やかにしましょう。フルーツやアイスクリームが似合いそうなガラスボールや麻やレースのテーブルウェアを重ねました。テーマカラーは青です。(優)


カフェの時間

2006年06月05日

9286e9a9-s.jpg カフェによく行きます。一人で行って本を読む時間も、誰かと行ってお話しするのも癒されます。高松も雰囲気のあるカフェがたくさんあると思います。時々お仕事もさせてもらって嬉しいかぎりです。お茶しに行くだけではなく、食器やインテリアを見てしまいます。これはロンドンのカフェの
ショーケース。かわいくて、おいしそうでたくさん食べました。(優)


洋書を見ながら

2006年06月04日

574efcee-s.jpg 今日も蒸し暑いですね。なので元気になりそうな色使いの洋書を見ながらお仕事のインスピレーションをもらいました。
 最近のお客様ので、お好きな洋書をお店に持って来て頂いて「こんなイメージの部屋にしたい!」という方がいらっしゃいました。一緒にあれこれ生地を選びました。どんなカーテンの仕上がりになるか今から楽しみです。
 写真の洋書は、キッチュな色使いが得意なデザイナーズギルドのデザイナー、トリシア・ギルドさんの本です。目の覚める様なコーディネート、独特の花の飾り方も面白いです。(優)


リバティのかご

2006年06月03日

a928bbc3-s.jpg 夏と言えばかご。リバティーの生地を中布に買い物かごをつくりました。様々なグリーンの生地をつなぎ合わせ、それをかごに縫い付ける。柄物同士の組合せですが、うるさくないです。店内だけで使うのはもったいないかわいさです。リバティプリントは定番の花柄も、ちょっとシックな柄も魅力があります。一生好きだろうなあと思います。(優)


このページの先頭へ