HOME › 施工例

吹き抜けに天窓シェード

2017年10月26日



高松市内で吹き抜けの天窓シェードを取り付けしました。
玄関ホールにある吹き抜けの空間。とても明るいのですが、冬場の寒さが気になるということで、TOSOの天窓シェードをご提案させていただきました。
通常は天窓に付けるのですが、今回は1Fと2Fの間の壁面に取り付けました。



横から見るとこんな感じ。



操作のヒモは玄関側から見えないように、滑車を使って裏に回しています。



生地は川島織物セルコンのシャンタンベージュ色をご提案。上品な色彩と風合でインテリアとしても雰囲気のある空間になりました。


ボトムボーダーカーテン

2017年10月23日



高松市T様邸。手前のレースカーテンはフジエテキスタイルの「シルフ」。軽やかな葉っぱ柄のフラットレースのボトムにダークグレーのドレープ地をアクセントにつけました。後ろにオフホワイト色の無地のドレープを重ねています。カーテンレールはタチカワブラインドの個性的なアルバーノを使用。ホワイトベースのリビングに、あえてカーテンも無彩色でまとめることで、スタイリッシュな空間に仕上がりました。


大輪の花のプレーンシェード

2017年10月22日




高松市内の栗林公園にほど近い住宅地でご新築のカーテン一式ご注文いただきました。
今日は1FのLDKをご紹介します。
カーテンBOXの中に、手前にプレーンシェード、奥側にレースカーテンを設置しました。プレーンシェードの生地はインハウスのMINOLAのピンク色で、二重織りで素材感のあるベース地に大輪の花を描いたもので、昼間と夜とで違う表情を見せてくれます。フェデの繊細なサークル柄のレースカーテンを合わせて、高級感のある華やかな空間に仕上がりました。
隣の腰窓は、同じレースをプレーンシェードにして主役にすることで、空間に広がりをもたせました。


クリエーションバウマンのバーチカルブラインド

2017年10月11日


リフォームしたマンションにフレッシュなグリーンが眩しいバーチカルブラインド。
最新のデジタルプリント技術でブラインドもカーテンもここまで本物に近い表現力が可能になりました。さすがクリエーションバウマン。


クリエーションバウマンのカーテン

2017年10月04日


今日は岡山で取り付け。
クリエーションバウマンのカーテンと、レースの組み合わせ。
フラミンゴのようなレースカーテン(ソプラノ)と
上品な光沢のあるドレープカーテン(ジュリエッタ)の組み合わせ。
白い空間によく似合っていました。


このページの先頭へ