HOME › 施工例

施工例

遮光のプレーンシェード

2021年09月15日



寝室の掃き出し窓を、カーテンからプレーンシェードに掛替しました。
こちらはアスワンの新柄の遮光生地。
手触りの良いベースの生地に、光沢糸によるラインで描かれた大きな花模様が浮き上がり、暗くなりがちな遮光生地ですが、とても明るく上品な仕上がりです。
スタイルをプレーンシェードに替えたことで、窓周りもすっきりと納まりました。


バックレースのバーチカルブラインドとリネンカーテン

2021年09月13日


ご新築のリビングに、バーチカルブラインドを取付させていただきました。
ニチベイのバックレーススタイルです。
写真のようにフラットに閉じることができます。
壁面に窓を覆うように取付しました。
奥行きのある商品ですが、すっきりしているのでボリューム感は全く気になりませんでした。



開くと不透明生地の存在感が最小になるので、景色がきれいに見えます。


ご寝室にはリフリンのリネンのカーテンを取付させていただきました。
木の壁のナチュラルな雰囲気によく合っています。
防縮加工をかけることで、リネン特有の伸縮が気になりにくく、お手入れもしやすくなります。


ボタニカル刺繡のレースカーテン

2021年09月13日

お手持ちのドレープに合わせるレースのカーテンをオーダーしてくださいました。
ドレープのお花柄に合わせて、スミノエの植物柄の刺繍レースをお選びくださいました。



葉っぱや茎もデザインされているので甘くなりずぎず、
リビングなどにも取り入れやすいです。
細いラインの刺繍が可憐で繊細な印象です。



裾の始末をウエイトテープにすると、折り返しがなく柄がきれいに出るのでおすすめです。
前のレースから大きく印象が変わり、「明るくなったわ!」と、とても喜んでくださいました。



フォールドシェード

2021年08月29日




マツエクのサロンのカーテンのご注文をいただきました。

まずは入口のカーテン。TOSOのアートスミス(廃番)というレールを白く塗装し、間仕切りのカーテンを取付。
サロン内は、たっぷりのヒダをとったフォールドシェードスタイル。生地の重なりの横ヒダが波のような表情を作るスタイルです。ダマスク柄のエレガントなドレープ地で仕上げました。


北欧風フロントレース

2021年08月27日



ご寝室の大きな窓にカーテンを取付しました。
手前のレースはフジエテキスタイルの「ナティフ」。まるで切り絵のような植物柄が個性的なファブリックです。
後ろのドレープ地を爽やかな水色にすることで、北欧スタイルに仕上げました。


このページの先頭へ