HOME › 施工例

洗面室にお気に入りのファブリック

2019年03月31日



洗面室の窓に、英国製の生地でプレーンシェードを取付しました。

「ハーレクイン」という英国ブランドの「MIRELLA」というファブリックです。細やかな刺繍と色使いを気に入っていただきました。流れるデザインも、フラット仕上げのプレーンシェードにぴったりです。1日の始まりと終わりに必ず利用する「洗面室」。だからこそ、お気に入りのファブリックを使って心地よい空間にしたいものです。


風通織の遮光カーテン

2019年02月09日


LDKのカーテンとカーテンレールを施工させていただきました。
ドレープは上品な光沢のある濃いめのグレーの遮光生地です。
風通織という織り方で適度なボリューム感が特徴的。
レースは光沢のある優しいグレー。
生地感がすごくきれいなのに、UVカットや遮熱効果があってとっても優秀。



まるでスタジオのような、お客様こだわりのキッチンにもぴったり。
カーテンレールは天井に取り付けて、空間をさらに広く感じられるように工夫しました。
かっこよくて、まるでテレビに出てきそう。


イギリスのカーテン

2019年02月08日


こちらは、イギリスの「SCION]というブラインドの「ミスターフォックス」というファブリック。犬のように見えますが、実はキツネ。ユーモラスで、色使いもおしゃれなデザインです。




隣のお部屋は、イギリスの「Orla Kiely」のファブリック。あえて小窓に大柄のデザインでシェードを作り、あえて左右対称にしない柄取で、躍動感のある1枚に仕上がりました。


棚にロールスクリーン

2018年12月23日



収納棚を隠すために、ロールスクリーンをつけました。
TOSOの「キギ」をご提案。白ベースの生地に木々を描いたデザインはお部屋のアクセントにもなります。


シャビーなカーテン

2018年12月21日



リビングのカーテンを掛け替えしました。
ホワイトが似合うシャビーな雰囲気のお部屋にツインシェードをご提案。
レースはマナトレーディングの「ミナレット」で、裾柄の生地ですが、柄を生かすために生地の方向を変えて、右側にラインが入るようにお作りしました。


小窓はカーテンスタイルにしてかわいらしい感じに仕上げています。


このページの先頭へ